きれいな女性

見える世界が変わりました

子供の頃から思い一重瞼に悩んでいました。元々分厚い瞼の一重瞼だったのですが、歳を重ねるにつれて皮膚が垂れ下がり、黒目の半分ほどが隠れてしまう一重瞼に悩んでいました。ネットで眼瞼下垂の記事を見つけたのがキッカケでした。自分の症状はこれではないかと思い、大阪の医師である兄に相談し病院を紹介してもらいました。
大阪で切開をして内側の筋肉をくっつけるような術式で手術をしました。ダウンタイムは他の切開の二重整形と同様二週間ほどで、手術から5日目に抜糸をしました。術後に、三日はパンパンに腫れたり、四日目くらいは内出血により黄色くなったりしましたが、思ったよりも楽に術後を過ごせた気がします。費用は医療目的の保険適用で血液検査等を含め50000円程度で、民間の医療保険も適用され、給付金をもらうこともできました。
なにより、術後から見える世界が変わりました。今までは目を開けるためにオデコに力を入れないといけなかったのですが、その必要もなくなり、本や映画が楽に見れるようになり、趣味のクロスバイクの前傾姿勢も全くしんどくなくなりました。オデコのしわも気にならなくなりました。同じように悩んでいる方には一度美容外科で診察をおすすめします。

TOP