きれいな女性

良くも悪くも二重整形

二重整形をする事によってうれしいことと困ることがあります。今回は大阪で二重整形をする事でおこるいい変化と悪い変化について書いていきます。
まずは良いこととしては自分を好きになることができるという事です。思春期の人が特にそうなりがちなのですが、一重まぶたである自分のことを嫌いに思っている人がいます。一重まぶただと目が細いので、攻撃的な印象を相手に与えてしまう可能性があるからです。実際に自分も一重まぶたで目が細く見えてしまうこともあり、友人と喋っているときに機嫌が悪いのではないかと聞かれた事があります。私自身は機嫌が悪いどころか上機嫌だったのですが、目が細く見えるために、相手からしたら機嫌が悪いように見えてしまったらしいです。もし一重ではなく二重だったらこうはならなかったでしょう。私の家族は二重なので、人から優しそうな人だと言われます。たしかに二重の家族は優しい感じがします。テレビか何かで知ったのですが二重整形をしたら自身がつく人が多いらしいです。一重だった女性が二重整形をした結果、自分に自信を持てるようになり、性格も明るくなったそうです。
そして大阪での二重整形で困ることは遺伝しないということです。大阪で二重整形をしても、二重の遺伝は子供にはいきません。なので子供に「どうしてママは二重なのに私は一重なの?」と聞かれたら、返答に困ってしまいますね。

TOP